犬や猫も罹患する、糖尿病!

 

 

 

 

 

 

 

 

健康寿命を守るために、生活習慣病の予防するための、
取り組みが進められているが、何も生活習慣病になるのは、人間だけの話ではない。

 

 

生活習慣病の代表格である、糖尿病には、犬もなる可能性があるのだ。

 

 

糖尿病の定義は、血糖値を下げる、インスリンが不足したり、
分泌する、すい臓の機能が衰えることで、血液中のブドウ糖を、
きちんと処理できなくなることだが、犬の場合は、
遺伝的にインスリン不足であることが多いので、注意する必要がある。

 

 

また、猫の場合は、他の病気と関連した、
一時的なグルコース中毒になるケースが多い。

 

 

その他、人間と同じように、犬や猫も食べ過ぎや、
運動不足による肥満から、発症するので注意しよう。

 

 

初期症状としては、尿の量が異常に多くなる。

 

 

そのため喉が渇き、水を多く飲み、食欲旺盛で食べているにも拘わらず、
痩せてくるようなら、糖尿病を疑った方がいいだろう。

 

 

無症状のまま進行し、白内障や腎不全といった、
合併症が起きてから気づくことなど、人間と同様のことが多い。

 

 

特に猫の場合は、ケトアシドーシスと呼ばれる、循環血液減少を引き起こし、
虚脱状態となってしまうことがあるので、気をつけよう。

 

 

この疾患になると、まず、入院して点滴を行い、
循環血液量を回復させてから、インスリン治療を行わなければならない。

 

 

放置しておくと生命に関わるのは、人間も犬も猫も同様である。

 

 

ペットも家族の一員なのだから、
少しでもおかしいと思ったら受診し、予防医療を進めよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

犬もアレルギーになる?
犬や猫も罹患する、糖尿病!
実は怖い、子猫の下痢に注意しよう!
人間だけでなく、犬もがんになりやすい?
人間も犬も感染する、フィラリアに注意!
増えている、犬の痴呆!