マラリアや、デング熱に注意しよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

6月になり、学生にとっては夏休みまで、あと2ヶ月弱。

 

 

人によっては、長期の海外旅行、または、
留学に行くこともあるだろうが、日本と違う生活の中、
気を付けておく1つに、感染症予防がある。

 

 

せっかく充実した生活を送るために、
わざわざ行っているのに、病気になっては何もならない。

 

 

また、現地で病気にならなかったとしても、
病原菌を持って帰ってきていては、周囲に迷惑がかかる。

 

 

最近、これまでに発生しなかった病気が増えているのは、
そうしたことに無関心な、留学生などが増えていることも、原因の一つだろう。

 

 

特に、感染する可能性が高いのが、蚊を介して移ってしまう感染症だ。

 

 

代表的なのが、「マラリア」 と、「デング熱」 で、
特に、デング熱は、昨年大きな話題を呼んだ。

 

 

どちらも発生地域は、”アジア・中南米・アフリカ” など、
熱帯・亜熱帯地域に広く分布している。

 

 

予防手段としては、長袖長ズボンを着用し、素足でサンダルを履くことを避ける。
特に、夜間の屋外での飲食時に、注意する必要がある。

 

 

どちらも潜伏期間が一週間程度あるので、帰国してからも、
身体に異常がないか、十分注意しなければならない。

 

 

「マラリア」 は毎年、世界中で2億人が感染し、約66万人の死亡者が発生している。
また、「デング熱」は、世界中で、25億人が感染するリスクがあると言われている。

 

 

海外旅行に行く際は、十分予防対策をしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

海外で伝染病にかからないためには
動物から移る感染症に注意
子供連れの海外旅行は、はしか・風疹に注意
マラリアや、デング熱に注意しよう
驚異の感染症、ポリオに注意
感染広がる、「MERS」に注意